STUDIO PLAIN

作って遊んで楽しんで。そういう生活を夢見ています。

電線用ネームタグを3Dプリントで販売開始してみました。

前回の記事で紹介しました「電線用ネームタグ」

studio-plain.hatenablog.com

家庭用の電源プラグのコードに結束バンドで取り付けて、その電源コードが何の機器のプラグなのか分かりやすくするためのタグ。

今回DMM.makeというサービスを使って、単体で販売を開始してみました。

 

問題はやはり価格

販売開始してみたのはいいのですが、問題となってくるのはやっぱり価格です。
こんなにちっちゃな商品なのに、こんなに高い金額なの!?ってビックリしちゃいます。
もしかしたら、「使ってみようかな?」って思って頂ける人がいるかもしれないのに、こんなに高いのなら買えない・・・。ってなりそうです。

 

3Dプリント、言葉としては一般的にはなりましたが、まだまだ価格面ではなかなか手が出るものではないかもしれませんね。

 

プロトタイプとして販売しています

まだ改良の余地はあるような気もしますので、プロトタイプということで実験的に販売を開始してみました。

もし宜しければ、チラッと覗いてみてください。
そして価格の高さに驚いてみてください。とっても高級なネームタグになっています(笑

make.dmm.com

make.dmm.com

make.dmm.com

make.dmm.com

 

手軽に使って頂けるようになりたい

100円ショップの陳列棚に5個入りで100円とか10個入りで100円とか、そのくらいのレベルで手軽に使ってもらえるようになれたらいいな、なんて思ったりもしています。
プラスチックで大量生産という従来の方法だったら、ぐんと価格を抑えられますもんね。

ただ世間にそれだけの需要があるかと聞かれるとちょっと分からないですけれども。

 

もしくは電気配線などのお仕事関係をされてみえる方にとって役立つものになっていればいいのかな?なんて思っています。

 

もし興味がございましたら、ご意見ご要望なども含めてお待ちしております。

 

 

© 2017 STUDIO PLAIN All Rights Reserved.