STUDIO PLAIN

作って遊んで楽しんで。そういう生活を夢見ています。

ダンボールで作った小物収納棚(連作)

f:id:mukudori24:20170429225734j:plain

今回のダンボールで作った整理収納用の小物収納棚は前回の記事で紹介した作品の連作のものとなります。

2つ並べて使うことを想定して設計しました。
前回と少し違うところは横幅を一列分減らしたこと、そして中板を一部抜いたこと、天板に小物入れを設けたことです。

まずは前回の記事で作成した棚をご紹介☆

studio-plain.hatenablog.com

 

なんでもう1個同じような作品を作ったかというと、小物の種類が多すぎて前回のものだけでは収納しきれなかったというのが大きなポイントです。

 

素材・サイズ

素材:ダンボール 4mm厚

土台サイズ:横354mm×奥行き150mm
収納ラックのサイズ:横354mm×奥行き90mm×高さ232mm
前回よりも精度が良く、かなりピタッっと寸法が出てくれたのですごく気持ちよく組み立てが出来ました。

※サイズに端数が出ているのは内寸を決めてから板厚分を外に押し出したためです。
 収納したいものに合わせて内寸を決めました。
ダンボールは2枚貼り合わせて使用しました。

 

制作過程

今回もせっかくですので制作過程を紹介してみたいと思います。

材料は切り終わって各パーツが既に完成している状態からのご紹介です。

f:id:mukudori24:20170429231058j:plain並べてみるとこのような感じになっています。
今回の作品も、組み立てやすいようにスリットを入れるなどして工夫してあります。
これがあると無いとでは、組み立てのしやすさや精度に大きく違いが出てきます。

f:id:mukudori24:20170429231217j:plain
棚の部分を組み付けているところです。
前回と違うのは、棚の裏面に補強材を入れているところです。
やはり素材がダンボールですので、板の長さが長くなるほど、重さに耐えきれずたわみが出てくることがあります。
場合によってはこのように補強材を入れてあげることも考えたほうが良さそうです。

f:id:mukudori24:20170429231427j:plainここまでくると完成形が見えて来ていますね。
あとはベースと天板をくっつけるだけです。

f:id:mukudori24:20170429231523j:plainそして完成となります。
今回はさらにここから天板に載せる小物入れを作りました。

f:id:mukudori24:20170429231552j:plainセロハンテープを入れておくためのトレイです。

f:id:mukudori24:20170429231616j:plain
小物を入れておくためのトレイです。
この2つのトレイを天板に載せて完成しました。

f:id:mukudori24:20170429231646j:plain天板に載せたトレイは動かないように接着してあります。

 

完成写真

f:id:mukudori24:20170429231910j:plain
自分で言うのもアレですが、かなり綺麗にダンボールをカット出来たのでピッタリと貼り合わさっています。

f:id:mukudori24:20170429231957j:plain

f:id:mukudori24:20170429232006j:plain上から見ると、小物入れがどのようについているのか分かりやすいですね^^

 

 

 

今回のダンボールで作った収納棚は如何だったでしょうか?
もし、ダンボールでこんなの作れないかな?などの相談やご依頼などありましたら、お気軽にお声を掛けてくださいませ。
私がお役に立てることでしたら、お手伝いさせて頂きたく思います。

 

 

広告を非表示にする
© 2017 STUDIO PLAIN All Rights Reserved.