STUDIO PLAIN

作って遊んで楽しんで。そういう生活を夢見ています。

工場の部品の整理用に作ったダンボールのひな壇。

f:id:mukudori24:20170617104820j:plain

工場の部品の整理用に作ったダンボールのひな壇

とある工場で、色々な種類のある部品を並べた状態で整理収納したいので棚を作って欲しいという要望があり作成しました。
サイズとしましては、これまで私がダンボールで作った棚の中で最大サイズとなりました。

棚に載せたい部品というのもそれなりに重さのあるものなので、強度も重視しました。
何故か若干寸法狂いが起きてしまって(紙厚の微妙な違いの誤差??)、最終的に右端のスペースが小さくなってしまいました。
悔しい。

ですが、仕上がりとしてはほぼ満足のいくものになりましたので、このまま使用して頂いております。

今年の冬に作成して、4~5か月ほど使用していますが、凹みやたわみも発生することなく安定感をもって使用できています。

 

サイズ・仕様

横幅:1160mm
奥行き:580mm
高さ:364mm
※寸法には若干の誤差を含みます

収納スペースの仕切り数
一段につき11マス。トータル33マス。

 

完成写真紹介

f:id:mukudori24:20170617110948j:plain

写真に収めてしまうと大きさがなんだか小さいように感じてしまいます(汗
これでも1m20cmくらい横幅があるんだけれどなぁ。

 

f:id:mukudori24:20170617111236j:plain

仕切りの雰囲気が放熱フィンみたいに見えて来てしまって、メカニカルでカッコイイとか勝手に思っていました。

 

f:id:mukudori24:20170617111343j:plain

強度を持たせる為になるべく多くの脚を付けました。
同じものを枚数作るのは結構堪えます。

 

f:id:mukudori24:20170617111437j:plain

この内側の感じも結構美しい。

 

f:id:mukudori24:20170617111527j:plain

試しに雨傘を手前に置いてサイズ感が分かるようにしてみました。
・・・わかるように??なったのだろうか??(笑

 

まとめ

製作時間はものすごく掛かりましたが、その分ちゃんと「使えるもの」として納めることが出来ました。
寸法の誤差が出てしまったことだけが心残りですが、ダンボールでしっかりとした収納棚(ひな壇)を作ることが出来たので、自分の製作の幅が広がりました。

 

 

© 2017 STUDIO PLAIN All Rights Reserved.