STUDIO PLAIN

作って遊んで楽しんで。そういう生活を夢見ています。

端材を使った簡単DIYで押し入れの棚を作ってみました

私はホームセンターの端材コーナーによく行きます。

時々掘りだしの物の良い材料が見つかったりすると、「これで欲しかったものが作れるな」と思ってワクワクしたりします。

今回はちょこっとそういうお話をしようと思います。

 

私の自室の押し入れなのですが、物が平積みされていて取り出しにくかったり、形が揃っていないため、上手く積めなかったりと整理収納の面であまり良い状態とは言えません。

 

棚が中にあったら良いだろうなぁと頭の中で思っていたものの、良い材料を買おうとするとやっぱり高くついてしまって、なかなか制作に踏み切れませんでした。

 

しかし今日。
ホームセンターに言ったら、良い材料が端材コーナーにあるではありませんか!!
これはもう、今日作るしかない!
勢いで買って帰りました。
帰ってすぐに制作に取り掛かったのは言うまでもありません(笑

 

買ったのはこちらの端材です。

f:id:mukudori24:20170331210114j:plain

平板が長辺約60cm、短辺約30cm。
これが天板になります。2枚買いました。2セット作る予定です。

角材は4cmの角材です。長さ90cmくらいあるので切り分けて使います。
これを2本、とりあえず買ってみました。

 

まずは脚の制作から取り掛かります。が!!

脚の長さを40cmにすることにしたので、完全に材料が足りなくなりました(笑
早速追加で購入しにホームセンターへ走りました。
(本当に思い付きで材料を買ったんだなということがお分かり頂けるかと思います^^)

無事に同じ角材がまだいくつかあったので、買い足すことが出来ました。
材料をカットして40cmの脚を4本×2セット制作しました。

f:id:mukudori24:20170331211036j:plain

 

脚が出来たので、次は天板の加工に移りたいと思います。
加工と言っても、この木はそのまま使ってしまうので、釘を打つ位置を決めるだけです。

f:id:mukudori24:20170331211210j:plain

こんな感じで、角材を当てて脚の位置を決めてから、その中に釘を打つ位置を丸で印を付けています。

今回は1つの脚に対して2つの釘を打つことにしました。

 

そして、あらかじめ釘を軽く打ち付けていきます。

f:id:mukudori24:20170331211341j:plain

 

4隅とも打ち付けます。

f:id:mukudori24:20170331211408j:plain

 

これで下準備が出来たので、あとは脚と合体させます。
まずは外側の釘から打っていきます。

f:id:mukudori24:20170331211450j:plain

 

これで安定感が出るので、残った内側の釘も打ち付けてあげれば・・・

 

完成です!!

f:id:mukudori24:20170331211527j:plain

 

押し入れの中だけに使うザックリとした棚なので、この程度で十分役割を果たしてくれます。

あえて綺麗に仕上げる必要もありません。

簡単に作れて、整理もはかどって、なおかつリーズナブル!

 

実際に押し入れに入れてみるとこのような感じになりました。

f:id:mukudori24:20170331211649j:plain

それなりに築年数が経っている家なので押し入れも昭和な感じですね(笑

2セット作った棚をそのまま並列で使用しています。

思った以上に整理が捗ったので、今回の棚つくりは成功かなと思います☆

 

もし見栄えが気になる!なんていう時も布地を買ってきて被せてあげればちょっとオシャレに変えてあげることも出来そうです。

 

 

【今回掛かった材料費】

端材:191円(税抜)×6点
釘:98円(税抜) 1袋
合計:1342円(税込)

 

 

 

広告を非表示にする
© 2017 STUDIO PLAIN All Rights Reserved.